例会

2019年~2020年度 
会長挨拶

  第57代会長 L田島岑夫

私は第57代会長を務めさせて頂きます田島岑夫と申します。今期も「ウィ・サーブ」をモットーに、一人では成し得なかった事も皆で力を合わせれば成し遂げられるというライオンズスピリットの下で、今までとは違う新しい奉仕にチャレンジします。クラブのスローガンを「初心にもどり 広げよう 奉仕の心 ウィ・サーブ」とし、青少年の穏やかな成長を願い子供達の明るい未来の為に、健全な環境と地域の発展を目指します。地域の方々と共に、地域から望まれる奉仕を皆で力を合わせ成し遂げるために、昨年に引き続き社会的弱者や青少年に向けた支援を中心に、地域の皆様方が共存共栄できる様に、奉仕の心で社会的活動に努めたいと思います。今期のメインアクティビティは、法立小学校に防犯カメラを寄贈します。警察音楽隊の交通安全教室、いじめ防止教室、薬物乱用防止活動など市内の学校で実施を継続し、子供達に考えるきっかけを与え、心に意識を働きかけていじめを減少させる取り組みをします。

 

2019年~2020年度 
幹事挨拶 

  第57代幹事 L松原良雄

今年度、稲沢ライオンズクラブ 幹事を拝命しました松原良雄と申します。幹事として力不足ではありますが、皆様方のあたたかいご支援とご協力を得て、一年間幹事としての職務を全うしたいと思います。よろしくお願い致します。稲沢ライオンズ今年度のクラブスローガンは「初心にもどり 広げよう 奉仕の心 ウィ・サーブ」です。このクラブスローガンは、一人でも多くの人たちにボランティアの楽しさを知ってもらいたいと言う願いが入っています。会長以下クラブ全員が、クラブスローガンに向けたボランティア活動を実施していきたいと思います。そして幹事としての目標は、人道支援及び奉仕活動を継続し、会員増強にも力を入れていきたいと思います。会員増強には視点の角度を変え、他団体の行事にも積極的に参加して、人と人との出会いを大切に、感謝の気持ちも大切にして会員増強につなげたいと思います。また、稲沢ライオンズ継続アクティビティ「いじめ防止教室」に今年度も力を入れていきたいと思います。子供たちの心や意識に働きかけ、いじめを少しでも減少させられる様に、一校でも多く展開していきたいと思います。7月現在では、祖父江地区の長岡小学校を予定しています。終わりに、稲沢ライオンズクラブがそれぞれの地域で心のこもった、あたたかい奉仕活動を行い地域で評価されれば、ライオンズの存在感を高める事となります。他団体からも注目されるようになると、自然と奉仕の心を持つ男女に出会えると思います。全員全員が奉仕団体ライオンズクラブのメンバーである事に誇りをもつこと、それが会員増強の原点だと思います。一年間、よろしくお願い致します。「ウィ・サーブ」

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter