例会

2022年~2023年度 
会長挨拶

 第60代会長 L加藤京子

記念すべき60周年を迎えて

クラブスローガン『伝えよう奉仕の輪 心ひとつに ウィ・サーブ』

 歴史ある稲沢ライオンズクラブの60周年を迎えるにあたり、過去を振り返るとともに未来への新たな行動により意識を向け迎えた新たな今年度を迎えました。

 スローガンに掲げた「心一つに」とは、他者と気を合わせていく事を示しています。ひとりひとりは違った考えを持った一人の人間であることを尊重したうえで、それぞれが持ち寄るアイデアや考えを活かせる場創り、現在求められる奉仕、地域にあった奉仕活動を行っていきたいと思っております。またこれらの活動をより多くの人に伝えていく事で私たちと共に活動していく仲間を集めていきたいと思っております。

 

 

2022年~2023年度 
幹事挨拶 

 第60代幹事 L長屋和利

 この度の役員改選にあたり、稲沢ライオンズクラブの幹事に就任させていただきました。当クラブに入会して8年が経ちましたが、経験も浅く諸先輩方にご指導を仰ぎながら役目を務めることとなると思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ここ数年はアクティビティの中止が続いておりましたが、本年度はウイズコロナの時代の中で一つでも多くの奉仕活動を実現させられるよう努力してまいります。今年稲沢ライオンズクラブは60周年を迎えます。私と同じ年月を経ていることを知らされ、伝統あるクラブの運営を担うこととなり、身の引き締まる思いでおります。昨年度は、リジョン役員として出向し多くのことを学ばせていただくと同時に、たくさんの方々に出会えたことは、ライオンズクラブを続けていくうえで大きな財産となりました。この経験をもとに本年度は、当クラブの運営の縁の下の力持ち的な仕事に力を注ぎたいと考えております。

 クラブスローガンにもあるよう、会員の皆様と心をひとつにして奉仕活動を行い、地域の方々との交流を図るとともに、活動を認知していただき新たな仲間を増やせるような、楽しいクラブとなるよう努めますのでどうかご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter