例会
  石見 和弘氏を悼む   ライオンテーマ 本田 宏子
                                                       
 故郷を離れて60年以上になると、父母や肉親も亡くなり、同郷の友も
どんな人生を歩んできたのかと、話の糸口をさぐるのは疲れるものです。
そのためか石見様と私は同郷の仲でしたが、共に昔を語る機会はありませ
んでした。昭和の貧しい時代で、私は職を求
                     
めて家を出ましたが、長い療養の後、失意で                      
故郷に帰り、母校中学校の図画の代用教員に                      
取立てもらいました。その教室で中学2年生                      
の石見様に出会いました。学業優秀な彼は母                      
を助け家を守って、実直な頑張りを身に着け                      
成長したと聞きました。その後大手ゼネコン                      
で日本の成長期を体験し現会社を起業、旅行                      
も楽しみ自由に生きてきた自負をよく語りま                      
した。高松源平ライオンズクラブのチャー                      
ターメンバーとして活躍され、結成25周年                      
記念式典も共に祝うことができました。                      
「元気でやれよ」と言って桜の季節も待たず                      
に去った彼。故郷の原風景と共に石見少年は   2019年2月15日 逝去
います。         石見 和弘氏
                                                       

 

 

 

 

          高松中央ライオンズクラブ第400回例会          
                                          会計 木村 弘
                                                           
 2月6日午後0:00より高松中央ライオンズクラブ第400回例会が、国際ホテルにて  
開催され第一副会長 内池氏,会計 木村の2名が出席しました。今回は特別な例会  
となる高松中央ライオンズクラブ第400回例会でもありました。出席者のメンバー  
は真鍋元ガバナー、4R-RC田中氏、4R地区委員久保氏、2Zのブラザークラブ役員の  
方々、高松西ライオンズクラブからは多数の会員様が参加していました。  
高松中央ライオンズクラブ会長松尾京子氏の挨拶の中で今期末をもって高松西LCと  
合併統合していく必要がある主旨の発言がありました。 高松中央LCをライオネス  
                          クラブから立ち上げた功労者の一人、現幹事  
                          多田登美子氏より高松中央LCの立上げから    
                          現在までの喜びや悲しみをお話して下さい        
                          ました。途中感余る場面もありましたが次      
                          に向かって行く強い意志を感じられました。    

 

 

 

  新会員オリエンテーション(2019年1月20日)
                                        MC委員 蔵本 守雄
                                                         
 2018年~2019年度第一回の新会員オリエンテーションが「マリンパレスさぬき」
で行われた。4リジョン23クラブの内、数クラブを除いて新会員とスポンサー、
クラブ執行部役員など大勢が参加していました。
オリエンテーションの講師は原則としてその地区名誉顧問がなるのだが、今回は
石川及び松前名誉顧問が体調不良で代理として5リジョンの山地元ガバナーが
坂出から講師として招かれた。山地氏の講演はライオンズクラブの成り立ち、
基本理念“MOTTO“であるWeServeやライオンズクラブのグローバル化、
組織の構造などについてお話しされた。日本のライオンズクラブは少子高齢化で
会員減少に歯止めがきかないが、                                
この度新入会員になられた方々は                                
新しい息吹をライオンズクラブに                                
吹込んでほしいと、いう風に                                
解釈した新会員オリエンテー                                
ションでした。                                

 

 

                    八栗LC新年家族例会に参加して
                                                           
                1月13日午後5時30分から神明殿において八栗LC新年家族
                例会が4R‐RC、ZC、地区委員、ブラザークラブ参加で行われ
                高松源平LCからは五名が参加しました。来賓挨拶で植田ZCが
                今年の抱負として「楽」の一字を挙げられライオンズの奉仕
                仕事等も楽しくすることそして楽をするには、自分一人で
                抱え込むのではなく仲間を引き込み共に活動することにより
  幹事 木村 弘 ひとりの負担が少なくなり楽にできると話されていました。
                高松源平LCにおいても、メンバー全員で活動して楽に楽しく
奉仕ができる事柄や方法はないものかと考える漢字一字の話でした。
二部の家族会では、牟礼町宮ノ前地区の獅子舞が奉納され、結成3年目ほどの歴史
しかないが若い衆の迫力と格式のある獅子舞に感激を受けました。手品の趣向も
若い芸人によるものでしたが危なかしい場面もありましたが楽しめました。
八栗LC新年家族例会での楽しいひと時ありがとうございました。

 

 

 

 

                高松東LC例会兼クリスマス家族会に参加して  
                               
               
          
                                         
                12月25日、高松東LC例会兼クリスマス家族会が、喜代美
                山荘花樹海にて開催され、高松源平LCから幹事の木村 弘
                と私の二名が参加しました。一部の例会では、高松東LCでは
                賛助会員・家族会員を含め会員100名達成の記念報告があり
25期会長 地区役員、各ブラザークラブ参加者が称賛の声を上げました
   松原 健治 高松東LC会長方針は「会員数100名達成で奉仕の輪を広げ
                よう」で会長細井 香氏は達成出来た喜びと感謝の意を表し
                ました。又、スローガンの「献眼・献腎運動の推進 難聴児
(者)・子供の支援(貧困家庭)」を推進の為に家族会員を増やしたそうです。
献眼・献腎運動の推進の問題点は、家族の認知がなされていないのが多いからです
クリスマス家族会は参加者全員楽しみ、ライオンズ・ローアで締めとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

                      高松西LC・高松中央LC合同例会兼  
                      クリスマス家族会に参加して  
                       
                    高松源平ライオンズクラブ結成25周年記念式典の
                    お礼を兼ねて、松原会長と二名で高松西LC・高松中央
                    LC合同例会兼クリスマス家族会に参加させていただき
                    ました。会場は、大的場の健康増進センター跡地に新
    会員・会則委員会   しく建てられたアールベルアンジェ高松の結婚式場で
 委員長 雪森 民啓   12月19日午後7時より二部構成で行われました。一部の
                    例会では4R‐RC 田中 貞男、4R‐2ZC 植田 康広 
  地区委員 久保 壽、三役員と出席ブラザークラブの紹介と挨拶がありました。
  第二部のクリスマス会では、ホストクラブの高松中央LCの手作りの和やかな
  楽しい会となりました。酒宴の場では在りましたしたが、会員のお孫さんが、
  一人でステージに立ち、素晴らしい日本舞踊を披露してくれました。
  高松西LC・高松中央LC合同例会兼クリスマス会は、おいしく・楽しく懇談すること
  ができました。出席の機会を頂きありがとうございました。

 

 

 

 

高松源平ライオンズクラブ会長

    新年の挨拶
                                             
                            25期会長 松原健治
新年あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
師走に高松源平ライオンズクラブ結成25周年式典が開催され
役員の方、会員皆様大変お疲れさまでした。
皆さん新年の抱負はいかがですか。今年は、縁起の良い亥年
亥年は無病息災の象徴で目標に向かって猛進していき人を
助ける「火の神の化身」といわれます。
ご自身の年齢は考えずに猪突猛進で行きましょう
平成最後の年賀になりますが、会員皆様とご家族の今年
一年のご健康とご多幸をお祈りいたします。
本年もよろしくお願いいたします。

 

 

     

 

 

薬物乱用防止教育講師認定講座 受講して  

 
                            第一副会長 田山一郎        
                   
        11月25日、高松国際ホテルにおいて薬物乱用防止
        教育講師認定講座がありました。高松源平ライオンズ
        クラブからは、石見氏と田山が参加しました。
        私は、今回初めての受講でした。薬物は恐しいと言う
        事はなんとなく分かっていましたが今回の講習を受け
        て改めて薬物の恐ろしさを感じました。
    講習を受けて印象に残った事は講師の話しのなかで
    薬物依存中毒者はどういった年代、どの様な人が多い
    かという話があり、年代別や職業別、性別に関係なく
               どんな人でも何かのきっかけで、薬物に手を出し中毒    
     者になる危険性があるということです。一度手を出すと脳細胞の破壊が進み
     薬物を止める事が出来なくなる中毒性が強いのが薬物の特徴です。
     海外では、特定の麻薬が解禁になっている国もあるようですが、どんな薬物
     でも依存性があり興味本位で使用するものではありません。
     私の会社は塗装業なので、シンナーの使用には十分注意して作業を行う様   
     にしています。今後、今回の講習会で学んだ薬物の恐ろしさを沢山の人に
     伝えていきたいと思います。良い勉強になりました。

 

 

 

直島ライオンズクラブ結成40周年記念
                  式典に参加して                      
                                  会員会則委員長 雪森 民啓    

 

晴天に恵まれた10月28日(日)に直島LC40周年記念大会に、源平LCより
Ⅼ松原、Ⅼ石井、Ⅼ木村、Ⅼ石見、Ⅼ新名、L長尾、Ⅼ雪森の七名で
参加しました。当日は、直島LCの好意でチャーター船での送迎となり
直島LCの心遣いに感謝しながら一路直島へ。会場は、ベネッセパーク
ホテルでの式典、祝宴が行われ、「直島つつじ太鼓」のお出迎えがあり      
式典では、来賓の直島町長小林氏、地区ガバナー関野氏(代理)RC田中氏
友好クラブ会長の祝辞と続き、スポンサークラブ会長細井氏への感謝状の    
贈呈など進行がスムーズに行われ、予定時間よりは早く終わりました。      
祝宴はバイキング式のおしゃれな料理が用意され、参加者が飽きないよう    
に企画され、25周年実行委員長として勉強になりました。                
結成25周年記念式典・祝宴では皆様のご協力をよろしくお願いします。      

 

 

 

 

 

 

LCIFコーディネーター 長尾 和彦

LCIF研修会に参加して

9月29日、西条市中央公民館にて、各クラブのLCIFコーディネーター関係委員が招集されLCIFセミナーが開催されました。

関野地区ガバナーの挨拶に続き、橋本充好名誉顧問が講師を務め資料をプロジェクターで投影しながら約二時間の説明が行われた。

 

1、LCIFとは、Lions Clubs International Foundation

2、日本のLCIFの参加

3、概要と組織

4、寄付の方法と種類

5、目標の設定

6、表彰

7、寄付金の実績

8、人道支援

9、交付金の申請

10、交付金事業の実例と実績 

など、十項目について詳しく説明されライオンズが取組むLCIFの重要性を再認識しました。

各クラブの会員の中には、LCIF献金はLCIFコーディネーターが担う役割と勘違いしている様に思われていますが、会員一人一人が行う献金であり、多くの会長経験者や各役職に就いた人からは、LCIF献金を行ってきた実績談が報告されました。

災害に遭われたクラブの報告では、LCIFの速い支援を得てライオンズに入っていて良かったと深い感謝を述べていました。LCIFに対する認識を深めて献金に協力しましょう

 

 

 

財務計画委員長  木村 弘  

第578回 月見特別例会

9月26日、魚夏において(第578回)月見特別例会を開催しました。例年であれば、2Zの三役、地区委員を来賓として招待していましたが、本年は結成25周年式典が12月に開催予定であり多くの出席者をお願いする為、今回は親クラブの八栗LC三役を案内しました。

中秋の名月を見ることは残念ながらできませんでしたが、例会も粛々と終り、月より団子であります宴会へ親睦を図る目的とした余興も会員の手作りで対応して、L本田の手品松原会長他数名のカラオケ、参加者全員によるジャンケン大会で盛り上がり月見特別例会は終宴となりました。12月には結成25周年式典、2月にはボウリング大会が予定されていますが、皆様の協力を得て一層盛り上げていく所存ですので宜しくお願いします。

 

 

献血推進研究会報告  会長 松原健治


8月19日(日)高松国際ホテルにて,献血推進研究会が開催されました。献血は香川県下36クラブ全クラブが参加しており、香川県献血量全体での22%をライオンズクラブの献血アクティビティが支えているそうです。
336‐A地区でも香川県は島根県に次いで2番目に高い割合で献血活動をしています。
輸血を受ける年代で多いのは、50歳代を超えてからが多くなります。その理由は、病気(がん)の手術によるもので、36%台になります。近年、少子高齢化が言われていますように献血者の減少が進み益々、献血啓蒙活動を推進していく必要があります。
献眼については、香川アイバンクの現状説明と申込み及び提供の流れの説明をうけました。香川県では、アイバンク登録が少ないそうです。
献眼の申し込みは、年齢制限はありませんので、登録をお願いします。
研究会最後に、香川骨髄バンクを応援する会より報告がありました。
ドナー登録出来る年齢は、18歳以上54歳以下で健康な方です。年齢制限
でライオンズメンバーの多くは資格が過去の人が多いのが残念です。

 

ガバナー公式訪問及び第1回諮問委員会に参加して

                              会計 木村    弘        

     
9月25日(土)三本松ロイヤルホテルで、第一回ガバナー諮問委員会及び第一回ゾーン会議、午後からはガバナー公式訪問の会議が開催されました。
当日、高松源平LCからは、松原会長、幹事・石井、第一副会長・内池、会員委員長・雪森、会計・木村の5名と2Z各クラブからは、22名の皆様が参加しました。
今期の4R役員は、4R‐RC田中貞男(東かがわLC)4R-2Z・ZC植田康広(高松東LC)、地区委員はYCE・ライオンズレオ・国際関係委員久保 壽、IT推進チーム長尾 和彦の皆様です。

諮問事項としては、重点目標を各会長より発表があり各会長のスローガンと大きな抱負を発表していました。確認・報告事項では2Z内では、合同アクティビティホストクラブは高松東LC、来期地区役員・委員ZC高松西LC、GMT・GLT・会則八栗LC、MC・ライオンズ情報高松源平LC 年次大会は2019年4月5・6日西条市複合年次大会2019年5月25・26日岡山ガバナー公式訪問では、モデルクラブ組織図が説明されました。現在の組織からは大きく変更になるのでクラブ内で検討の必要がある。高松源平LCでも再検討を進め他クラブと連携を持った対策が必要であると思います。
来期は新組織でスタート!!!

 

 

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter