例会

スナッグゴルフ

スナッグゴルフ(SNAG GOLF)とは

 スナッグは、元PGAツアープレイヤーのテリー・アントンとウォーリー・アームストロングによって6年の歳月を費やし、「やさしく」「正確に」「どこでも」「だれでも」ゴルフの基本を学ぶ事・教える事ができるように開発されたアイテムです。
 使い方はとってもシンプル。ランチャーとローラーを使い、ボールをスナッグフラッグ(カップ)にくっつける。だれでも簡単に始められる、ゴルフ入門のスポーツです。

青少年育成活動

 常陸大宮ライオンズクラブは「次世代を担う人材の育成」を願って,市教育委員会に協賛してスナッグゴルフへの資金援助や,大会支援を行っております。その中でも大宮小学校に対しては,当クラブ会員が監督・コーチとして練習から大会等に関わり,年々成果を上げております。練習は小学生の保護者が中心となり,那珂カントリー俱楽部のジェネラルエリアをお借りして,放課後や土日に行っております。

活動実績

▶2018年(平成30年)
▶2019年(令和元年)
▶2020年(令和2年)
▶2021年(令和3年)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年(平成30年) 

(1)スナッグゴルフ茨城県予選会での優勝

 第13回スナッグゴルフ対抗戦茨城県予選会は、笠間市の宍戸ヒルズ会場に続いて、常陸大宮市の静ヒルズ会場でも開催され、7校から49名が参加して行われました。
 昨年も全国大会へ出場した大宮小チームが、87ストロークを出して、予選会4連覇を果たしました。


JGTOカップ茨城県予選会 2018.6.16

 

(2)スナッグゴルフ全国大会への出場

 第16回スナッグゴルフ対抗全国大会は、福島県西郷村のグランディ那須白河ゴルフクラブで開催され、33校から181人が参加して行われました。
 大会にはジャパンゴルフツアー選手会より「JGTOドリームチーム」として、男子プロ6人が参戦して、小学生と一緒にプレーやミニゲームをしました。


JGTOカップ全国大会(監督・コーチと大宮小選手) 2018.7.15


JGTOドリームチーム 2018.7.15

 

(3)常陸大宮市スナッグゴルフ大会

 第6回常陸大宮市スナッグゴルフ大会が、静ヒルズカントリークラブで開催され、一般も含めて53名の参加で行われました。
 大会は小学生低学年の部(1~3年生)、小学生高学年の部(4~6年生)、一般の部に分かれ、コースは低学年5ホール、高学年・一般が8ホールで行われました。
 一般の部では、女性には2、高齢(70歳以上)には1のハンディをつけて、各部門1位~3位、とび賞、そして特別賞の表彰がありました。


市スナッグゴルフ大会(高学年の部表彰式) 2018.10.21

 

2019年(令和元年)

(1)スナッグゴルフ全国大会での準優勝

 第17回JGTOカップ全国大会には,全国から33小学校の174人が参加しました。茨城県B予選会で優勝した大宮小チームは,キャプテンをはじめ6人の選手が活躍して,全国準優勝に輝きました。
 全国大会上位3チームには,「韓日スナッグゴルフ交流戦」の出場権が与えられるとともに,来年度の全国大会シード権も獲得しました。


【2019年7月26日付茨城新聞より】


JGTOカップ茨城県予選会 2019.6.16


JGTOカップ全国大会(グランディ那須白河ゴルフクラブ) 2019.7.14


全国大会表彰式:JGTOドリームチームとテリー・アントン(スナッグゴルフ開発者)が祝福


全国大会掲示板(大宮小準優勝,79ストローク)


市長表敬訪問:大宮小選手と監督・コーチ/準優勝カップ

 

(2)韓日スナッグゴルフ交流戦(韓国仁川)への出場

 スナッグゴルフ交流戦には,韓国代表20名,日本代表20名の小学生が参加しました。18ホールストロークプレーによる競技では,日本が団体と個人で優勝しました。交流戦翌日には,日韓選手が「仁川上陸作戦記念館」を見学し,朝鮮の南北戦争の歴史を学びました。


韓日交流戦プログラム表紙 2019.9.21


交流戦会場(ベアーズ・ベスト・チョンナゴルフクラブ)


表彰式:大宮小選手と監督・コーチ(キャプテンが個人優勝)


歓迎の夕べ:日韓小学生選手(ベストウェスタン・ハーバーパークホテル)


解散式:日韓小学生選手と保護者・関係者一同(金浦国際空港)

 

(3)常陸大宮市教育長への報告

 韓日交流戦に出場した大宮小学校チーム7名と監督・コーチが,日本が団体と個人で優勝したことなどを市教育長へ報告して,記念品の盾を頂きました。


「スナッグゴルフで常陸大宮の児童活躍~市教育長に報告」の記事が,2019年11月9日付読売新聞に掲載


教育長表彰:大宮小選手と監督・コーチ/記念品の盾 2019.11.7


韓日交流戦記念ポロシャツ

 表には市マスコットキャラクター「ひたまる」,裏には「市章」「市標」,左そでには「那珂カントリー倶楽部」ロゴマークを入れてあります。

[広報常陸大宮 令和元年12月号より]

 

(4)地区役員公式訪問において紹介

 当クラブ会員が監督・コーチをつとめる大宮小スナッグゴルフチームが活動の様子や,大会の成績を報告しました。また,代表選手がピッチショットからターゲットにボールをくっつける実演を行いました。
※スナッグ(SNAG)とは「くっつく」の意味


紹介された大宮小選手と監督・コーチ 2019.12.10


大宮小選手にはクリスマスプレゼント


実演:青ボールに対してアプローチのスタンスをとるキャプテン


実演:赤ボールが打ち出される(静ヒルズカントリークラブホテル)

 

(5)常陸大宮大賞の授賞

 大宮小学校のスナッグゴルフチームは,JGTOカップ全国大会準優勝,韓日スナッグゴルフ交流戦日本代表という功績によって,「第4回常陸大宮大賞」に輝きました。

*常陸大宮大賞【表彰対象】市の知名度・イメージを向上させるとともに,市民に活力と元気を与え,市の活性化の推進に貢献する取り組みを行っていると認められる個人及び団体とします。


大宮小選手と監督・コーチ(静ヒルズカントリークラブ) 2020.3.19


日本代表のキャップとユニフォーム
手にしているのは,「常陸大宮大賞」の賞状

[広報常陸大宮 令和2年4月号より]

 

(6)常陸大宮市スナッグゴルフ大会

 第7回常陸大宮市スナッグゴルフ大会が、一般も含めて56名の参加で行われました。
 大宮小選手は、低学年の部(1位、2位、3位)、高学年の部(2位)と4人が上位入賞を果たしました。


市スナッグゴルフ大会(高学年の部表彰式) 2019.11.4

 

2020年(令和2年)

 新型コロナウイルス感染症の影響で各種スポーツ大会も軒並み中止をせざるを得ない状況から、JGTO日本ゴルフツアー機構が主催する県予選大会も全国大会も中止となり、我慢の一年となってしまいました。

 

(1)常陸大宮市学校対抗スナッグゴルフ大会

 常陸大宮ライオンズクラブが主催したスナッグゴルフ大会が、静ヒルズカントリークラブで開催され、小学校団体の部と交流個人の部に9校から53名が参加して行われました。
 本大会は「全国大会等が中止となりガッカリしている子供たちのために大会を開こう」と考えた市のライオンズクラブの協力要請に、教育委員会、スポーツ推進委員が協力して実現しました。


[2020年9月25日付茨城新聞より]


常陸大宮市学校対抗スナッグゴルフ大会 2020.9.21


大宮小選手と監督・コーチ(静ヒルズカントリークラブ)

 

(2)スナッグゴルフ東日本小学生大会

 この大会は、主催であるスナッグゴルフジャパンが「多くのスナッグゴルフの大会が中止となる中で、子供たちに日頃の練習の成果を発揮させる機会を与えたい」という趣旨のもと、茨城県内の5・6年生のみを募集して、24名の参加で開催されました。
 大会は、感染拡大防止の対策として、受付をドライブスルー方式にしたりしてマナゴルフクラブで行われ、5年生の部、6年生の部、総合の部で表彰がありました。


[2021年1月18日付 茨城新聞より]


スナッグゴルフ東日本小学生大会 2020.11.8


5年生の部 ベスト3表彰(マナゴルフクラブ)

 

(3)常陸大宮市スナッグゴルフ大会

 第8回常陸大宮市スナッグゴルフ大会が、一般も含めて50名の参加で行われました。
 大宮小選手は、低学年の部(1位と3位)、高学年の部(1位、2位、3位)と5人が上位入賞を果たしました。 


常陸大宮市スナッグゴルフ大会(大宮小選手と監督・コーチ) 2021.3.20

 

2021年(令和3年)

(1)スナッグゴルフ茨城県予選会での優勝

 第15回茨城県予選会は、県内4会場で行われ、静ヒルズ会場では常陸大宮市の7校から45名が参加して行われました。
 常陸大宮市では、教育委員会の号令のもと各校でのスナッグゴルフのチーム作りと練習が行われており、毎年10月の市大会とこの県予選会が目標となる大会となっています。また、常陸大宮ライオンズクラブ会員やスポーツ推進委員も指導に当たるなど、学校だけでなく地域の人々が協力するなど、練習環境も整っており、全国でも競技レベルが高い地域になっています。
 大会はシード権を持っている大宮小チームが、2019年度の準優勝メンバーの活躍により、80ストロークで優勝し、全国大会への出場権を獲得しました。


JGTOカップ茨城県予選会 2021.6.5

 

(2)スナッグゴルフ全国大会での優勝

 第18回スナッグゴルフ対抗戦全国大会は、東日本大会(福島県西郷村)と西日本大会(兵庫県三木市)という2回に分けた形式で実施されました。東日本大会には、21校108名が参加して、競技は9ホール、各チームの上位3人の合計スコアで競われ、大宮小チームが76ストロークで優勝しました。


JGTOカップ全国大会 2021.7.17


全国大会掲示板(大宮小優勝、76ストローク)

 スナッグゴルフ全国大会 大宮小学校優勝(広報 常陸大宮 令和3年8月号)

 

(3)常陸大宮市教育長賞の授賞

 大宮小学校のスナッグゴルフチームは、JGTOカップ全国大会で優勝した功績により、市教育長賞を授与されました。


[2021年8月4日付 茨城新聞より]


市教育長表彰 2021.7.27 スナッグゴルフ全国大会優勝
(大宮小選手と親、監督・コーチ)


[広報常陸大宮 令和3年8月号より]

 

(4)静ヒルズスナッグゴルフ親子大会

 第16回静ヒルズスナッグゴルフ親子大会(日本ゴルフツアー機構が協力)が36組72名の親子祖父母のペアが参加し、開催されました。
 この大会は、「豊かな自然の中で遊び、ゴルフを通じた青少年の健全育成と、親子の会話・絆を深めることにより、明るく豊かな街づくりに寄与することを目指す」という主旨のもと、1打目は子供が、2打目は親が、3打目以降は交互にボールを打つ競技方法で行われました。


スナッグゴルフ親子大会 2021.8.7

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter